コンテンツへスキップ

サッカーコロンビア代表 ユニフォームの進化を見ろ!!!

  今日は、サッカーコロンビア代表 歴代ユニフォームの進化をまとめて紹介させていただきます。サッカーコロンビア代表を応援する大ファンたちとコロンビアのスポーツにご興味がある方に役に立ったら大変嬉しいです。

  サッカーコロンビア代表のサッカーユニフォームと言うと、そのサッカーユニフォームのカラーは最初から様々な色を採用しました。例えば、1938年のフランスワールドカップでコロンビア代表 ユニフォーム  ホーム 半袖がスカイブルーを基調にデザインしました。パンツとソックスが白で白の印象が深い。1958年のスウェーデンワールドカップでコロンビア代表 ユニフォーム  ホーム 半袖がコロンビア 国旗の一つ、すなわち青を基調にデザインしました。

また、1971年以降、コロンビア代表 ユニフォーム ホーム 半袖がオレンジを主な基調にデザインしました。それに、1984年までコロンビア代表 ユニフォーム アウェイ 半袖が白にしました。

1993年以降、コロンビア代表 ユニフォーム ホーム 半袖が国旗の黄色を主な基調にデザインしました、国旗の青が装飾にしました。逆に、アウェイ ユニフォームの基調が多少青です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です