コンテンツへスキップ

  今日は、サッカーコロンビア代表 歴代ユニフォームの進化をまとめて紹介させていただきます。サッカーコロンビア代表を応援する大ファンたちとコロンビアのスポーツにご興味がある方に役に立ったら大変嬉しいです。

  サッカーコロンビア代表のサッカーユニフォームと言うと、そのサッカーユニフォームのカラーは最初から様々な色を採用しました。例えば、1938年のフランスワールドカップでコロンビア代表 ユニフォーム  ホーム 半袖がスカイブルーを基調にデザインしました。パンツとソックスが白で白の印象が深い。1958年のスウェーデンワールドカップでコロンビア代表 ユニフォーム  ホーム 半袖がコロンビア 国旗の一つ、すなわち青を基調にデザインしました。

また、1971年以降、コロンビア代表 ユニフォーム ホーム 半袖がオレンジを主な基調にデザインしました。それに、1984年までコロンビア代表 ユニフォーム アウェイ 半袖が白にしました。

1993年以降、コロンビア代表 ユニフォーム ホーム 半袖が国旗の黄色を主な基調にデザインしました、国旗の青が装飾にしました。逆に、アウェイ ユニフォームの基調が多少青です。

  サッカーコロンビア代表 エンブレムです。サッカーコロンビア代表にご興味がある方はサッカーコロンビア代表のエンブレムの話よくわりかりますか。コロンビア代表 ユニフォーム激安通販専門店はサッカーコロンビア代表 ユニフォームの販売情報などを掲載する以外、コロンビア代表の色々の豆知識も掲載しておりますよ。

  コロンビアサッカー連盟のエンブレムは、国際レベルでのコロンビア選抜の公式の象徴です。そのデザインは、サークルの内側に埋め込まれたサッカーボールに触発されています。ボールには、このスポーツのすべてのボールが持つ細分を反映した白い縞模様があります。下半分には、コロンビアの旗の色、黄色、青色、赤色の3つのバーが表示されています。黄色は50%、青色は25%、赤色は25%である。一方、協会の正式名称の伝説は、円の上半分の縁に刻印され、黒い弧を形成します。
このエンブレムは、1975年以来、コロンビアセレクションの公式服装で使用されてきました。